2011年04月29日

自律神経失調症

自律神経失調症とは、さまざまな精神症状が
起こってしまう病気のことをいいます。

めまいや耳鳴り、疲労感、不安感、うつうつとした気分、不眠など、
あらゆる症状が起こってしまうのです。

また、その出方には個人差があるようです。

この自律神経失調症の大きな要因としては
冷えやストレスと考えられています。

現代の女性がさらされていて、
しかも避けづらい2大要因とも言えるでしょう。

これが自律神経の働きを乱してしまい、
体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

婦人科系の病気との関連も深いため、
決して侮ってはいけない病気のひとつといえます。

<オススメマッサージのご紹介>
癒しのマッサージを池袋で受けたいなぁ
人気のマッサージを品川区で受けたいなぁ
posted by mame335271 at 11:55| 女性の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

健康に有効なのはバランスの良い食生活です

ダイエットに有効な食品などと大きく報道された際には必ずといって良いほど、その食べ物を食べ続ける方がいますが。

そのような食生活を送るとかえって、健康を崩す結果になるんです。
食べ物にはそれぞれに役割や多くの栄養素をもっているんです。

そして、人は多くの栄養素をバランスをとることで体の役割を果たしているので、偏った食生活を送ると健康を損なうことになってしまいます。

出来るだけ多くの食材を使った料理やメニューを作ることをオススメします
posted by mame335271 at 13:37| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

中間期出血・機能性出血

中間期出血は月経と月経の間に起こる不正出血のことで、
排卵期出血とも呼ばれています。

排卵直後にホルモンの分泌量が
減ることによって起きてしまう出血で、
軽い排卵痛を伴うという人もいるようです。

心配がないケースも多いのですが
自己判断は禁物といえるでしょう。

また、排卵に関係がない出血のうち
子宮や卵巣などにハッキリとしている異常が
ないもののことを機能性出血といいます。

対処法については、不正出血の多くは
心配がいらないものなのですが、
その原因を突きとめておかない限りは、
安心は禁物なのです。

婦人科で原因を調べてもっらた方がいいでしょう

<マッサージ関連のサイトのご紹介>
アロマオイルマッサージを大阪で受けてリラックスやぁ

東京のマッサージ求人のご紹介
posted by mame335271 at 13:20| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

クロムアレルギーに気をつけて

クロムに対してアレルギー反応が
出るクロムアレルギーがあります。

クロムは時計の皮部分、ハンドバック、
革手袋、革靴などの皮製品の製造、
セメント、写真の現像、ダクロ処理剤、
塗装の顔料など多くの事に利用されています。

それ故、そういった職業に関係する人に
クロムアレルギーは発声しがちです。

一般の人は、皮膚に長時間、皮製品が接触し、
かつ汗が多い、手首や足などで
症状を発生させやすいです。
posted by mame335271 at 16:43| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

紫外線対策に効果的な食品

実は、紫外線対策に効果的な
食品があるって知っていましたか?

◆美容にも効果的なマッサージを提供している店@
大阪のアロママッサージの店へGo

紫外線は、化粧品を使うことで
ある程度の対策が出来ますが
食事でも対策が出来れば嬉しいですよね。

紫外線の対策に効果があるとされる食品は
ニンジン、かぼちゃ、トマト、ほうれん草などです。

◆美容にも効果的なマッサージを提供している店A
世田谷の周辺でオイルマッサージをしたいならクリック

緑黄色野菜に特に多く含まれている
ベータカロチンが紫外線対策に効果的なのです。

ベータカロチンを摂取すると
必要に応じて体内でビタミンAに変わります。

その効果は、紫外線対策だけでなく
活性酸素の活動を抑制させて老化を防いでくれますよ。
posted by mame335271 at 17:27| 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

腟炎

腟炎とは、腟内に常在しているデーデルライン桿菌には
自浄作用があって、雑菌や、ばい菌の侵入を
防いでいる役割があるのです。

しかし、この常在菌は、
ストレスや免疫力の低下によって
勢力が弱くなってしまうのです。

例えば、風邪をひいた際に、抗生物質を飲むと、
腟内の環境は変わってしまい、
雑菌が入り込んで腟の中に炎症が
起きやすくなってしまいます。

カンジダ腟炎が代表的なものです。

STIの多くは腟炎などによって
組織がもろくなることが
引き金となる場合が多いのです。

また、腟内を洗いすぎてしまうのも
腟炎の要因と考えられています。
タグ:腟炎
posted by mame335271 at 13:00| 子宮の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。