2010年10月18日

手のしびれの原因と治療

手のしびれの原因は、まず中枢神経系の問題が考えられます。
脳腫瘍、脳梗塞、脳動脈瘤などの脳疾患がある場合に出てくる手のしびれがあります。この場合には、早急なメディカルチェックが必要です。病院に行って診断してもらってください。

中枢神経系の問題以外に考えられる手のしびれの原因もさまざまで、まず考えられるのは神経系の問題です。神経根障害、脊髄病変などがあり、脊椎の変形や軟骨の変形、ヘルニアなども挙げられます。また、肘や手首で神経が挟まれる病気があり、しびれる場所によって神経の障害部位が特定できます。

手のしびれの治療は、症状や原因によって分けられるため、まずは原因の特定が最優先です。原因がわかれば、適切な治療を開始できるからです。ずはメディカルチェックでレントゲンやCTやMRIの検査し、大体は診断がつくはずです。慢性的なしびれに困っている場合は、筋肉調整、脊椎調整が効果を発揮します。大体の場合は神経性、血管の問題が多く、骨の変形や軟骨の変形が大きいもの以外は予後は良好といえるでしょう。
タグ:手のしびれ
posted by mame335271 at 18:03| 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

肋間神経痛

胸の痛みのひとつが肋間神経痛と呼ばれている症状です。
原因は、外傷、生活習慣、椎間板ヘルニア、ストレスなど様々です。

そもそも神経痛は、末梢神経の支配域に突発的に疼痛発作が起こります。
神経が障害されているものと障害されてないもの両方が含まれます。
背骨の悪性腫瘍や、外傷後の血腫などが原因で出現する肋間神経痛の場合などは、メディカル治療がまず最初に施されます。

まずは検査をしっかり行い、自分の肋間神経痛の原因をしっかり把握した上で治療方法を選択しす。

肋間神経痛の治療は治癒成績がよい疾患です。
原因は筋肉なのか、骨なのか、内蔵なのか、神経自体の問題なのか?
まずはそこを診断してもらったうえで、各種治療の先生を紹介してもらうのがよいでしょう。

腫瘍や血腫などの病変がない場合はそれぞれの治療を施します。
ウイルスには薬物治療、ヘルニアには背骨の調整が有効です。
posted by mame335271 at 19:57| 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。